2010年02月25日

エゾ経木シリーズ第2段。

京都の料亭の手鞠寿司弁当です。エゾ経木の曲げわっぱ2段折り箱

上段(118の円×高さ47)に手鞠寿司(118の円高さ47)におかず。

ご飯や煮物が底につかないように耐水性耐油性に強い加工紙を使用

常時在庫しておりますので問い合わせ下さい。
100219_1219~0001.jpg100219_1218~0001.jpg100219_1218~0002.jpg
posted by 折箱・木箱専門 保富商店 at 23:03| 製作日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北海道エゾ経木の2段折り容器

生キャラメルのお陰でメジャーになった殺菌力抜群の北海道エゾ松。

殺菌性が高いこともあって当社では駅弁当に使用してもらってる

今回は和菓子屋さんが気に入って頂き下段に赤飯・上段に饅頭。

上段(内寸131角で高さ33)下段(内寸122×119×33)です。

常時在庫しておりますので問い合わせ下さい。
100219_1215~0001.jpg100219_1216~0001.jpg
posted by 折箱・木箱専門 保富商店 at 22:31| 製作日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月19日

日本料理コンペティション???

17日京都市中央区で日本料理の腕を競う『第2回日本料理コンペティション』の大会があった。
全国各地の料理人が課題の『松花堂弁当』に自慢の腕をふるう。
この大会があったお陰か松花堂弁当の容器(折箱)を求め得意先から連絡があり決まりそうです。手頃な金額で材質が好まれたこの2点に絞られそうである。
煮物・天ぷら・出し巻き卵・おこわ等が入る為、耐水性耐油性が重視されるので加工紙を用いた底で提案した。
今年の春の行楽にも注文が来そうな予感がする。
(待望のプログ更新が可能になり今までためてきたお客様との商談内容や折箱製造過程を紹介できるので嬉しいです)
100219_1220~0001.jpg100219_1220~0002.jpg
posted by 折箱・木箱専門 保富商店 at 22:43| 製作日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。