2010年03月12日

旬の魚?旬の野菜?春が近いようです。

旬の魚?いかなごの解禁なのか…大量の木札(値札)の注文がきまし

た…この木札、当社は40年ほど前からスプルース材で木札を製造し

ていますが、エゾ経木でやってるところもあるようです。当社の

既成品サイズは@170×36(約50枚入り)A170×45(約42枚入り)

B170×51(36枚入り)C197×60(30枚入り)D212×67(22枚入り)

E243×76(17枚入り)があります。厚みは0・8mmで横突き加工。

ですが、ご要望のサイズの注文も可能なんで遠慮なく言って下さい
100311_1842~0001.jpg100311_1840~0001.jpg100311_1838~0001.jpg
posted by 折箱・木箱専門 保富商店 at 22:45| 製作日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月10日

吉野杉の杉板!

これも樹齢50年以上の吉野杉です。ほぼ無節で最高級の杉を使用。

大自然の山中で山師が精魂込めて手作業にて作り出された逸品を、

スライサーで1mmに加工し木の表面に上質な光沢をだす。

品物はほぼ赤身の柾目で高級感のある品物にあがっている。
主に杉板焼き等に使用されていますが、高級料亭に縁が無い私には

どのように使用されているのかわからずにいます。

現在、縦6p×幅3・6p〜縦25p×幅18pまでにカットして
50枚からでも注文を受付けています。全国どこでも発送も可能です

又、1mmを2枚水糊で張り合わせて自然乾燥して2mmとして出荷。

是非とも手にとって上品な杉の匂いも楽しんで下さい。
100222_1118~0001.jpg100222_1117~0001.jpg100222_1116~0001.jpg
posted by 折箱・木箱専門 保富商店 at 17:45| 製作日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これぞ日本古来より伝わる杉折箱

樹齢50年〜80年の吉野杉を使用し、上品な柾目1分5厘で木取り。

職人が杉の小口を焼き、釘打ちをして枠を完成させる。

つけ底にはエゾ経木の柾目を使用し一つづつ丁寧に底付けをする、

糊は人体に影響のない食品衛生法でクリアされた糊を使用している

寿司を入れるとかなり高価な商品となるが毎月凄い数が出る。

サイズは外寸の寸表示で@5・6寸×3・8寸×1・4寸

A5・8寸×5・3寸×1・4寸B7・1寸×5・1寸×1・4寸

C4・7寸×4・7寸×1・55寸の4種類が常時在庫されている

数によっては別注も対応できますので日本古来の伝統杉箱を使って

みませんか!寿司の味も価格も、もう1ランク上がりますしよ。
100222_1351~0001.jpg100222_1350~0001.jpg
posted by 折箱・木箱専門 保富商店 at 00:09| 製作日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。