2010年09月23日

吉野杉・赤柾

先日、北山杉の話をしましたが吉野杉を使用した木箱

の注文が早速入ってきました。栗おこわを入れて販売

するらしく、秋を感じられます。吉野杉6mmの側板に

エゾ経木1mmを底板として使用し蓋には2.7mmの合板に

吉野杉0.4mmの赤柾を張り合わせ3.6mmの蓋板にしている

指で摘みやすいチョボは杉の赤柾で作成し接着してる

手の込んだ一品で裏千家の茶会などに使用頂いている

年々、一枚物の杉赤柾が入荷しずらくなってきている

ので張り合わせ商品が多くなってきている。栗おこわ

の白と黄色が杉の赤柾とベストマッチ、当社作成の箱

が中身を引き立たせている感が嬉しく思う。

興味見を持たれた方は当社ホームページを見て頂き、

気軽に問い合わせ下さい。
100716_1546~0001.jpg100716_1547~0001.jpg
posted by 折箱・木箱専門 保富商店 at 12:03| 製作日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月21日

杉赤柾・絶好調

吉野杉の赤柾が絶好調!!

毎週1000枚単位で注文が入る為、作業場を所狭しと、

乾燥しております。1mmにスライスした杉の赤柾を

小学校などの学校教材にも適用している無害の水糊で

張り合わせ1日自然乾燥して好みの大きさにカットして

出荷する。ホテルで杉板焼き・茶請け・珍味の皿


寿司皿に季節を関係なくご使用頂いております。1mm

や0・4mmの商品なども取り揃えておりますので遠慮

なく当社ホームページへお問い合わせ下さい。
CA3H00150001.jpgCA3H00140001.jpgCA3H00090001.jpgCA3H00070001.jpgCA3H00100001.jpg
posted by 折箱・木箱専門 保富商店 at 14:11| 製作日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月13日

勉強!

お久しぶりです!

10日の金曜日に新規のお客様から(北山杉ありませんか)

って問い合わせがあったので早速見に行ってきました。

昔ながらの杉の赤柾で蒸し寿司を販売されているお得意様

の要望に応えるべく堺から2時間半かけて行ったのですが

木箱に使用する木の厚みはせいぜい6ミリなので

なかなか商談にまでいかずに帰って来ました。

でも杉が真っ直ぐに立っている杉林の中を2〜30分車で

走り抜けましたが久々に爽快な気分になりました。

「北山杉を使用した木箱は、もうないで〜」て言いますが

いつか手に入れ箱作りに北山杉を取り入れたい気持ちに

なり帰ってきました。でも複雑です。この景色は人間の手

で壊す事は出来ない、間伐材が出回る時を待ちたいです。

当社の杉は今は吉野杉が大半を占めております。

吉野杉は上品な何とも言えないピンク色の木が多いのが

特徴です。杉に興味のある方は当社のホームページを見て

ご一報下さい。
CA3H00060001.jpgCA3H00050001.jpgCA3H00030001.jpgCA3H00040001.jpg
posted by 折箱・木箱専門 保富商店 at 14:18| 製作日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。