2010年03月10日

吉野杉の杉板!

これも樹齢50年以上の吉野杉です。ほぼ無節で最高級の杉を使用。

大自然の山中で山師が精魂込めて手作業にて作り出された逸品を、

スライサーで1mmに加工し木の表面に上質な光沢をだす。

品物はほぼ赤身の柾目で高級感のある品物にあがっている。
主に杉板焼き等に使用されていますが、高級料亭に縁が無い私には

どのように使用されているのかわからずにいます。

現在、縦6p×幅3・6p〜縦25p×幅18pまでにカットして
50枚からでも注文を受付けています。全国どこでも発送も可能です

又、1mmを2枚水糊で張り合わせて自然乾燥して2mmとして出荷。

是非とも手にとって上品な杉の匂いも楽しんで下さい。
100222_1118~0001.jpg100222_1117~0001.jpg100222_1116~0001.jpg
posted by 折箱・木箱専門 保富商店 at 17:45| 製作日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。