2013年07月03日

贈答用木箱・製造風景

中元(梅干し)最盛期

所狭しと高級梅干しのギフト箱を接着し組み立てて自然乾燥をしている状況

5月から出荷に追われています、今年は春の声を聞いたと思ったら急に初夏

のような暖かさからか梅干しの需要も早く製造のピークを迎えています。

和歌山の温暖の地に育ち自然のフクヨカな味になるように丹誠を込めた

梅干しが木製で作られた20等分の仕切りに個包装されて販売されています。

今年も消費者の口へ幸せが運べますように。
posted by 折箱・木箱専門 保富商店 at 19:19| 製作日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。